だらだら〜個人事業〜

HatenaDiaryから引っ越してきました。Githubもnyakagawanです。

Win7移行したら・・・/(^o^)\

やっちまった〜\(^o^)/
WinXPからWin7にうちのメインマシンを移行したんですが、その時起こった(てかさっき起こった)恐怖体験を自戒の念も込めて書き綴ろうかと・・・


なにがあったかっていうと、いろいろなパスワードやIDを書いてあったファイルが開け亡くなりましたという、そんなことが起こりました。開けなくなったのであってバックアップ忘れてたわけじゃありません、つかシステムドライブに入ってるやつじゃなかったんでOS入れ替えても勝手に残ってました。じゃあなんで開けなくなったかというと、やっぱりパスやIDとか大事そうなものが書いてあるファイルだったんで暗号化してあったんですね、無駄に。無駄に!で、暗号化は普通にファイルのプロパティから選べるやつでやったんですが、この暗号化自体の事をすっかり忘れてて結局OS入れ替え後に復号化できなくなっちゃった☆というお話です。


WindowsXPでアクセスできないファイル&暗号化解除
こちらのサイト様でこの事態に解決策がどうやら無いことを悟ったのですが、なぜこんなことになったか、原因は2つ
・OS変わってAdministratorが変わったから(暗号化時の名前に変えても無駄。ユニークなIDになってるみたい)
・暗号化時に復号化用の(?)鍵を作ってバックアップしてなかったから
前者は然るべき設定をすれば別に問題にはならないですが、後者はOS入れ替えて前のシステムが消えちゃったらオシマイみたいです。


教訓:下手に暗号化とかやるもんじゃないな…


でも上記サイトの解説的にはマイドキュメントの中の特定ファイルとかは暗号化されてるらしいっすね。たしかに今回もマイドキュメントバックアップしたけどアクセスできないやつがあった気がする。