だらだら〜個人事業〜

HatenaDiaryから引っ越してきました。Githubもnyakagawanです。

Reading 3DPlatformTutorial 2nd

  • BlobShadow(丸影みたいなもの)を追加
    • standard assetsにPrefabがあるのでそれを利用(このチュートリアルシーンではBlob-Shadowフォルダが用意されている)
    • blob shadow projectorをPlayer直下に移動して、Rotationを調整し、座標をLepzの頭の辺に移動させる
    • これで完成だが、編集中常に影が落ちるのは都合が悪い(編集しにくいので)なのでLayerによって表示非表示を変更出来るようにする
  • Scriptの書きどころについての解説
    • ゲームの動く仕組み的なことについて解説
  • Lepzが落ちた時の対応
    • でっかいBoxColliderをLevelの下につくって、落ちたLepzを検知する(死亡床)
    • BoxColliderとFalloutDethスクリプトを死亡床に追加
    • FalloutDethにはOnTirggerEnter()が定義してあって、こいつのColliderに他のColliderが当たった時に呼ばれるみたい
    • FalloutDethでは、Lepzが落ちてきたらLepzのFalloutDeth()関数を呼ぶ。それ以外は単にシーンからDestroyする
    • @Scriptディレクティブは、これを書くとメニューのComponentの中にこれの項目が出来る。ProjectPaneから探さなくていいから便利
    • 落ちたあとの復帰点を置いておく必要がある。ここではRespawnPrefabがすでに用意されていて、これを配置する
      • RespawnPrefabはいくつかのParticle-Systemとライト等々で構成されている。
  • 次は章が写ってシーン作り。ライフ回復などのオブジェクトを置いていくみたい
    • ハートを半ダースおいた
    • 宇宙船の周りに力場(ForceField)を作るのにUVスクロールを使う
      • var offset = Time.time * scrollSpeed; // Time.timeに注目。DeltaTimeじゃない
      • renderer.material.mainTextureOffset = Vector2 (offset,offset); // これで出来る
      • FixedUpdate()は1秒に1回呼ばれる?それにしてはUVスクロールがなめらか過ぎる。俺の英語の解釈がオカシイと思われる
    • 次はアイテム収拾のスクリプト