だらだら〜個人事業〜

HatenaDiaryから引っ越してきました。Githubもnyakagawanです。

シュタインズゲートやりますた、感想書きます

シュタインズゲートやった


プレイする前はシュタインズゲート?なにそれ?って感じだったんですが
…やってよかった。おもしろかった。


つい最近428をやったばっかりだったので、ノベルゲー2連チャンで
これをやるまでは自分の中のノベルゲーランク1位が428だったんですが(つかほとんどノベルゲーやらないけど…)
このランクに変動を来すほどの出来でした。んー、びっくりした。

SGの成分

SGは厨二と科学とかわいい女の子で出来ています。と俺は思います。
全部が男子の好きなものですよね、まさに。
しかも科学って書いたけど、ロマンある厨二科学なわけです。試験管や顕微鏡なんて出てきません。
理論や理屈も説明してくれますがよく分かりません。でもなんとなく分かった気になって
『フッ…なるほどな、そういう事か…』とか意識の裏で思ってしまう。ワクワクしてしまう。
ドラマのハッカーが凄まじい勢いでキーボードを叩き
『クソッ!これはダミーだ!…っ、しかもプロテクトだと。えぇい、アクティブスレッドの裏を抜けるしかない!!!』
みたいなプログラマーからすると訳の解らんこと口走ったあとにエンターキーをカチンっと押して
『…通った!…』みたいなw
誰が見ても意味分からんけど、なんか凄い。すごいものを見ている感じしますよね。
これが厨二なのです。これが好きな人は厨二病なのです。俺は厨二病なのです。

ネタバレになりそうで書きにくい…

ノベルゲーなのでシナリオが分かっちゃうと全然楽しめません、当然。
なのでネタバレせずに雰囲気だけを書きたいのですが、俺が感じた雰囲気は↑に書いたとおりです。
おにゃのこは?て言われそうですが、まぁ一通り揃ってるんじゃないでしょうか?
俺はギャルゲーしないので(SGやってるけどw)そっち方面を批評することが出来ないのです…
この辺は修行しなくては…とりあえず有名所をやってみるかな、クラナドとか?でもはまるのが怖いw

428と比べて

まず428も間違いなく面白かった。それまで抱いていたかまいたちの夜のようなイメージとは全く別の
ノベルゲーム?なノベルゲームでした。
そしてSGは間違いなくスタンダードなかまいたちタイプのノベルゲームで、これまた面白かった。
でもどっちが?と言われれば俺はSGを推します。
さらに、純粋にシナリオを楽しみたいのあればSGの方が楽しめると言えます。
428には悪く言えばシナリオの流れを阻害する進行システムの上にシナリオが乗っかっています。
このシステムによって他シナリオへのダイナミックな介入が可能になるんですが、これはとてもゲーム的なもので
『失敗』することもあるわけです、失敗するとやり直しになります。
シナリオとは別のところでゲーム的な試行錯誤が求められるワケです。
一方SGはシナリオが途切れることはありません。スタンダードなノベルゲーであることが大きいんですが
メールによる分岐もそれを後押ししてるのではと思います。メールによるやりとりは非同期だからです。
つまり、返信して待ってる間に本シナリオはガンガン進んで行くのです。
428はプレイヤーに立ち止まることを要求します(うまく行けばスムーズにダイナミックな演出が楽しめますが)
要するにクイズなので正解すれば楽しいですが、428の終盤の試行錯誤には正直イラつきましたw
でも428だってシナリオ面白いんですよ!極上のサスペンスドラマです。

逆境を跳ね返す力

ゲーム屋目線で見なくともSGは家庭用の商用ゲーム製品としては諸刃の剣でしょう。
ニッチなとこをあえて狙ってるわけですから、分母は当然減るわけです。
そしてプラットフォームがなんとXBOX任天堂系じゃないのはゲームの雰囲気から分かりますがPS3とマルチでもないと…
(まぁ分母がすくない前提でXBOXのシングルでいいかぁってなったか、金の問題か、その両方かは分からないですが)
(あとは、ターゲット層はXBOXもってそうとか?w)
さらにジャンルがノベルゲーム。一定数のコアなファンが居そうなジャンルではありますが
アクションやRPGなんかと比べると3番手な感は否めないですよね。
なんか売上に対するネガティブな部分はまだありそうですけど、まぁなんというかその
5万本以上売れてるらしいですね。
これは素直にすごいと思う。売れすぎじゃね?ノベルゲーって実は結構売れるの??


いや。SGだからこそ売れたんです。やったらわかります、やった方が良いですよ。たぶん。